耳うどん

耳うどんとは・・・

みみうどん みみうどん

耳うどん(みみうどん・耳饂飩・みみウドン・Mimiudon)は、
主に栃木県佐野市で伝統的に食べられているうどん料理の一つ。佐野の郷土料理。通常の「」のかわりに、小麦粉で作った「耳」のような形をしたすいとん状のものが入っているのが特徴。栃木県佐野市の名物うどんとして知られる。栃木のご当地料理、ご当地麺料理、ご当地うどんの一つ。

この「耳うどん」は、佐野市の仙波町を中心に昔から伝わってきたといわれるうどんで、元々はお正月に食べられていた料理だといわれる。

うどんが「耳の形」となった由来は、「耳」を悪い神の耳に見立てて、それを食べてしまうことによって、家の話も悪い神に聞かれずにすみ、また人の悪い噂も聞かずにすむので一年間平安に暮らせる、ということから。味付けは濃い目で、野菜が沢山入った関東風。正月料理の名残が、具材として入る伊達巻きなどに見ることができる。

みみうどん みみうどん
Share