カツラーメン

カツラーメンとは・・・

カツラーメン

カツラーメン(かつラーメン・かつらーめん・Katsu )は、
ラーメンにトンカツをトッピングしたもの。ラーメンの具材の一つにトンカツを用いたもの。トンカツラーメン(とんかつラーメン)、カツそば、とんかつそば、などとも。ラーメン店(ラーメン専門店)のほか、蕎麦屋(日本ソバ屋)、中華料理屋(中国料理店)、トンカツ屋、定食屋、道の駅などで提供されている。

ベースとなるラーメンは醤油味のほか、味噌味や塩味、とんこつ醤油など様々。油で揚げたトンカツをカットしてラーメンの上にのせたタイプが多いが、卵でとじたものをラーメンの上にのせたタイプもある。また、ラーメンの上にトンカツをのせるタイプのバリエーションとして、トッピングしたトンカツにさらにソースや味噌ダレなどをかけたタイプもある。

カツラーメン(とんかつラーメン)は、各地の一般的なラーメン店などのラーメン・メニューの一つとして提供されているほか、下記のように提供地域のご当地グルメ、ご当地ラーメンとなっている場合もある。

小坂町のかつラーメン

秋田県鹿角郡小坂町で提供されているご当地ラーメン、。小坂町かつらーめん。発祥とされる奈良岡屋では、カツオ出汁をきかせたツユと卵でとじたトンカツ(カツ煮)をラーメンにのせたものを提供しているほか、同様の卵綴じタイプ、もしくは油で揚げたトンカツをシンプルにラーメンにのせたタイプが市内の数店舗で提供されている。小坂町にはかつて銀の生産高で日本一を誇った「小坂鉱山」があり、採掘された鉱物が運ばれた青森県の野辺地町までのルート上に、カツ煮やトンカツ、味噌カツなどをトッピングした「カツラーメン」、さらにはカツとカレーとラーメンが融合した「カツカレーラーメン」や、「トンカツチャーシューメン」を提供する店が点在、一部の人々に「かつラーメン街道」の名で親しまれている。

岡山市のトンカツラーメン

岡山県岡山市で昭和40年代ごろから提供されていると言われるラーメン。岡山のご当地グルメ、ご当地ラーメン。岡山のB級グルメの一つ。とんかつそば、カツそば、かつそばとも呼ばれる。

高知のとんかつラーメン

主に高知市を中心に提供されているご当地ラーメン、B級グルメの一つ。味噌ラーメンにトンカツをのせたもの。味噌カツラーメン。元々定食屋を営んでいたという市内のラーメン店「ラーメンの豚太郎」発祥といわれるラーメンで、豚太郎ほか、自由軒、麺屋・國丸、吉野園などで提供されている。

Share