タマガンゾウビラメ

タマガンゾウビラメとは・・・

タマガンゾウビラメ(たまがんぞうびらめ・Tamaganzobirame)は、
カレイ目ヒラメ科ガンゾウビラメ属に分類される。主に(干し魚)に加工され、流通する。特に広島では「デベラ」と呼ばれ、ウロコを取り海水で洗って干したものは、広島のとして親しまれている。また、新潟でも「フナベタ(フナベタカレイ)」と呼ばれて珍重されており、店やなどでも、オススメのメニューなどで見かけることも多い。→ フナベタ

地域によりデベラ・デビラ(手平)、ヒガレイ、ヒガレ、ホウショウ、ホシガレイ、ウスバガレイ、カレ 、ジナイガレイ、ヒダリ、ベタ、バクチなどと呼ばれる。

→ デベラ

Share