デベラ

デベラとは・・・

デベラ(でべら・Debera)は、
出平鰈(出平かれい・でべらかれい・デベラカレイ)のこと。デベラかれいは、主に広島県尾道周辺などで使われている地域名、地方名で、正式名称をヒラメ科ガンゾウビラメ属のタマガンゾウビラメという。素干しにしたものは尾道の名産品として知られ、鱗と内臓をとって口から縄に通し天日で干す光景は尾道の冬の風物詩となっている。デビラとも。手のひらを広げたような形に見えることから「手の平、手のひら」=「手平」=「デベラ・デビラ」となったといわれる。刺身や煮つけで食べられるほか、天日で干したものを火で炙って裂いて食べたり、(デビラ茶漬け)に入れたり、酒の肴、ご飯のおかずなどで食べる。 炙った頭、尾などを熱燗に入れて飲む「デビラ酒」も酒飲みに好まれる。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share