ふなべた

ふなべたとは・・・

ふなべた

ふなべた

ふなべた(フナベタ・)は、
カレイ目ヒラメ科ガンゾウビラメ属に分類される魚「タマガンゾウビラメ」の新潟での呼び名。正式にはヒラメでありながら、採れるものが小ぶりのものが多い為にカレイと呼ばれるようになったというエピソードもある魚で、新潟では一般的にフナベタとして流通している。フナベタガレイ。クセがなく、キス(鱚)の身を思わせる淡白な白身で、新鮮なものは、適度に脂がのっており、甘みがあって美味な魚として知られる。新潟では刺身のほか、干物などでも食べられている。

タマガンゾウビラメは、瀬戸内海沿岸部ではデベラ、デビラと呼ばれて干物で食べられているが、大都市圏などではあまり流通していない。

Share