みじん粉

みじん粉とは・・・

みじん粉(微塵粉・味甚粉・みじんこ・Mijinko)は、
餅米を蒸して餅にし、それを平たく伸してから乾燥させて(または焼いて)から細かく挽いて(砕いて)粉にしたもの。もち米由来の「」の一つ。粒子がとても細かいので「微塵粉」の名がある。「塩釜」「」等の干菓子(打ち菓子・打物・押し菓子・押物)や練り菓子、豆菓子などの「」として広く用いられるほか、揚げ物の揚げ衣としても用いられる。

蒸した餅米を餅にしてから平たく伸して、軽く焼いて(白焼きにして)から細かく砕いたものを「焼微塵粉(焼きみじん粉)」、蒸した餅米を乾燥させてから煎った後細かく砕いたものを「煎りみじん粉」、蒸した餅米を餅にしてから、ごく薄く伸してから軽く焼いて(白焼きにして)から細かく砕いたもの(または、焼きみじん粉をふるいにかけてさらに細かくしたもの)を「寒梅粉」と呼ぶ。無着色の白いもののほか、薄紅色や薄緑色等に着色されたものも市販されている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share