シシリアンライス

シシリアンライスとは・・・

シシリアンライス(ししりあんらいす・Shishirian rice)は、
ご飯の上に、甘辛く味付けした肉と、、さらにレタスやトマト、キュウリなどの野菜を盛りつけ、マヨネーズをかけた料理。佐賀県のご当地グルメ、B級グルメとして知られる。元々は、佐賀市内のレストランのまかない飯であったものといわれ、スタッフの評判がよかったことからメニューに加えられ、いつしか佐賀のご当地グルメとして知られるようになった。名前の由来は、レタスやキュウリの「緑色」、ゆで卵の「白色」、トマトの「赤色」の三色が、イタリアの国旗の色「(左から緑、白、赤)」をイメージすることから、当時流行っていた映画「ゴッドファーザー」に因み、イタリアのシチリア島(英語でSicily=シシリー)にかけて「シシリアンライス」と名付けられたといわれる。佐賀市内のレストランや喫茶店など20店以上で提供されているほか、佐賀では家庭でも作られている。肉は牛肉が基本だが、鶏肉であったり、イノシシ肉であったりと違いがあり、その他の用いられる具材や見た目、味わいなどは店や家庭、作り手によりバリエーションがあり、色々なタイプのシシリアンライスがある。

スポンサードリンク

Share