カサゴ

カサゴとは・・・

カサゴ(かさご・鮋・笠子・瘡魚・Kasago)は、
スズキ目カサゴ亜目メバル科カサゴ属(またはカサゴ目フサカサゴ科)の魚。体長は大きいのもで約25~30センチメートル前後。主に北海道南部以南の太平洋や日本海、東シナ海などに分布し、沿岸部の岩礁などに生息する。色は赤っぽいものから黒がかったものまでおり、背鰭や腹鰭、尻鰭などに鋭い棘を持つ。その名の由来は諸説あるが、頭が大きく、まるで「笠」をかぶっているようにも見えることから「笠子」と名付けられたともいわれる。味の良い淡白な白身魚として知られており、刺身や寿司のほか、唐揚げ、、潮汁、、鍋など、様々に調理される。


カサゴの揚げ物

カサゴの地域名・地方名

地域によって、様々な別称をもち、関西地方の「ガシラ」「カシラ」「がし」「デカガシラ」をはじめ、九州地方の「アラカブ」、熊本周辺の「がらかぶ」「ガブ」、宮崎の「ががら」、山陰地方(主に鳥取・島根)の「ぼっか(ボッカ)・ボッカア」、島根の「ボコ」「ボッコ」「ぼっこう」、山口の「ボテコ」、岡山の「あかめばる(赤眼張)」「メバル」「あかちん」、四国・徳島県海部の「ががね」、瀬戸内海西部沿岸地方(主に広島・愛媛・高知など)の「ほご」ほか、ハツメ(山形県酒田)、ハチメ(新潟・富山)、アカ、アカイユ(沖縄)、アカウオ、アカガシラ、アカゲ、アカズイ、アカゾイ(青森)、アカダシ(和歌山)、アカナ、アカホコ、アカマス、アカメバル(兵庫県神戸市・明石市)、アコウ、アタガシ(和歌山)、アナカサゴ()、アラカズ、アンポンタン、イソアラカブ、ウドホーゴ、オキアラカブ、オキガシラ、ガガナ、ガガニ(高知)、カズ、ガットバチメ、カラカブ、カラコ、ガリ、カンカンバチメ、ガンガンバチメ、クロガシラ、クロゴツチョウ、ゴチョウ、ゴッチョウ(紀州、奄美)、コンジノホゴ、シシホゴ、チガシラ、チメ、ツラアラワズ、ドツコ、ネバイ、ハチ、ハチカサゴ、ハチガラ、ハチツカサゴ、フゴ、ホンガシラ、ホンカサゴ(新島)、マハツメ、メバリ、メマル、モアルカブ(壱岐)、モタガッシなど、地域色豊かな多彩な名で呼ばれている。

スポンサードリンク


あらかぶの刺身 (長崎)

あらかぶのアラ汁 (長崎)

ガラカブの唐揚げ (熊本)
Share