味噌カツ

味噌カツとは・・・

味噌カツ

味噌カツ(みそカツ・味噌かつ・ミソかつ・ミソカツ・みそかつ・Misokatsu)は、
豆味噌(八丁味噌)をベースに、(ざらめ)や出汁(カツオ出汁など)などを加えた「味噌ダレ(ソース)」を、トンカツにかけたもの。または浸したもの。「愛知の郷土料理」を代表する食べ物の一つで、名古屋の名物料理「」の代表的な食べ物の一つ。愛知県のご当地グルメ、名古屋の郷土グルメ、B級グルメとして知られる。

発祥には諸説あり、1960年代に三重県津市にあるレストランで提供されていたのが始まりという説や、モツを豆味噌やざらめなどで煮込んだ「どて煮」(どて)を提供する店で、「どて煮」と共に「串カツ」も提供するお店もあり、客が「串カツ」をどて煮の汁に浸して食べたのが、味噌かつへと発展したなどの説がある。

Share