館林うどん

館林うどんとは・・・

館林うどん(たてばやしうどん・Tatebayashi Udon)は、
群馬県館林の郷土料理。館林市で食べられているうどん。麺料理の一つ。ご当地うどんの一つ。群馬のご当地麺料理。群馬県の郷土料理。館林の郷土料理。古くから小麦栽培の盛んなこの地方で食べられてきた小麦料理の一つで、江戸時代中頃には、館林藩の名物として「」が江戸の将軍家に献上されたという記録も残る。喉越しがよく、柔らかでいてしっかりとコシがあるのが特徴。麺を竹ざおにかけて、天日で半分乾燥させて作る。伝統的には、鯉料理やきんぴらごぼうなどを惣菜として食べる場合も多い。


館林の名物「分福茶釜の釜玉うどん」

童話「分福茶釜」の舞台となった茂林寺がある館林市は、昔から良質な小麦がとれたことで知られる。

Share