ほっきめし

ほっきめしとは・・・

ほっきめし(ほっき飯・ホッキめし・ホッキ飯・ほっきメシ・ホッキメシ・北寄めし・Hokkimeshi)は、
ホッキガイ(ウバガイ)を用いて作られる料理。ホッキガイで作る混ぜ、炊き込み御飯の一種。地域や家庭により様々ながあるが、ホッキガイをむき身にして米、水、調味料と共に、炊飯器や土などで炊き上げたり、かじめホッキガイをなどで煮て、さらにその煮でご飯を炊き、ご飯を器に盛って適宜カットしたホッキガイをトッピングするなどの作り方がある。北海道や青森、福島の浜通りなど、ホッキガイの水揚げの多い地域で食べられているほか、宮城県南部の亘理町や山元町で、からにかけて食べられるとして知られている。

ほっきめし
Share