しもつかれ

しもつかれとは・・・

しもつかれ

しもつかれ

しもつかれは、
栃木県の郷土料理。
地域によって、「しもっかれ」「すむっかり」「しもつかり」「しみつかり」
「しみつかれ」「すみつかり」「すみつかれ」とも。

栃木県の中部から北部地域を中心に、
北関東(群馬、茨城、埼玉)や千葉、福島などの一部地域でも食べられている。
主に冬に作られ、食べられる料理。

スポンサードリンク

鬼おろしでおろした大根、人参と、大豆、野菜と、鮭の頭を酒粕を入れて煮込んだもので、
出来立ての温かいもの、または冷たくしたものを、そのまま食べるほか、
ご飯の上に乗せて食べたり、お茶うけとして食べる家庭もあるという。

江戸時代には救荒食でもあったといい、
初午(はつうま・・・2月の最初の午の日)の日に赤飯と共に稲荷神社に供える縁起物、行事食でもある。

「しもつかれを7軒食べ歩くと病気にならない」
「なるべく多くの家のしもつかれを食べると無病息災」などとも言われる。

栃木県内の居酒屋や郷土料理屋で食べられるほか、一年を通してスーパーや、道の駅で購入可。

しもつかれの名前の由来

しもつかれの名の由来として有力なのは、
「古事談」等に登場する「酢むつかり」という料理が起源というもの。
この「酢むつかり」は炒った大豆に酢をかけたもので、
この「酢むつかり」が江戸初期に北関東に伝わり、
次第に現在のようなものになったと推測されている。

しもつかれの作り方・食べ方

基本の材料は、鮭(新巻鮭)の頭、大豆、鬼おろしでおろした大根、人参、そして酒粕。
これらの材料をことこと煮込んだら出来上がり。

スポンサーリンク

Share