焼霜

焼霜とは・・・

焼霜(焼き霜・やきしも・やきじも・Yakishimo)は、

魚の皮に直火で焼き目をつけ、すぐに氷で冷やしてから刺し身にすること。焼き霜造り。松皮作りとも。

スポンサードリンク

湯霜同様、皮とそのすぐ下の脂の旨味も味わうためにされる「皮霜」の調理法。カツオのたたきも「焼き霜」の一つ。

余分な脂を落とすと共に、生臭みを取って香ばしさを増す効果があり、、あいなめ、鱧、、カマス、イサキ、ノドグロ、寒ブリ、グジ(アマダイ)、鰆、、アナゴ、サンマ、メジナなど、様々な魚に用いられる。

Share