おざら

おざらとは・・・

おざら(Ozara)は、
山梨県で昔から食べられてきた麺料理。甲州の郷土料理。「おだら」とも。

甲州の郷土料理「ほうとう」を冷たくした、「ざるほうとう」「冷やしほうとう」とも呼ばれる、
「温かいうどん」に対しての「ざるうどん」のような麺料理だが、
山梨県西部など、地域によっては麺料理全体を指すこともある。

スポンサードリンク

甲州方言では、古くは、冷やしうどんやそうめん、うどん、
冷や麦を含めた麺類を「おざら(おだら)」と呼んでいたともいい、
一説には、一年の無病息災、家内安全等を祈願して
陀羅尼経(だらにきょう)というお経が読まれる「お陀羅尼(おだらに)」という仏教の催事に因み、
法事の後に食べられていたうどんの一種が「おだら」と呼ばれ、それが一般化したのではないかという説もある。

現在、郷土料理店などで「おざら」として提供されるものは、
ほうとうに使用するものよりも細めの麺を、やや濃い目の温かい醤油味のツユにつけて食べるスタイルが多い。
秋から冬にかけては、「ゆもり」スタイルで提供されることもある。

おざら

おざら

スポンサーリンク

Share