ますのすし

ますのすしとは・・・

ますのすし(ますの寿司・鱒の寿司・ます寿し、ますの寿し、鱒の寿し・Masu no sushi)は、
(ます)の切身を使って作られる押し寿司。富山県の郷土料理、郷土寿司として知られる。単に「鱒寿司(ますずし)」とも。
徳川家八代将軍・吉宗公にも献上されたともいわれる伝統ある寿司で、底に熊笹を敷いた曲げ物(わっぱ)に寿司飯を入れ、その上に塩と酢で締めたマスの切身を並べ、重ねて重石をして作る。

食べる際には、曲げ物から取り出し、包丁などで適宜カットし、笹をむいてから頂く。1日~数日保存が効くが、冷蔵庫に入れてしまうとご飯が固くなるので注意が必要。

Share