もぶり飯

もぶり飯とは・・・

もぶり飯(もぶりめし・Moburimeshi)は、
愛媛県松山市の郷土料理、郷土食。愛媛のご当地グルメ、愛媛の郷土寿司の一つ。瀬戸内海で獲れる新鮮な魚を用いた「ばら寿司・ちらし寿司」の一種で、エビやタコ、アナゴ、、サワラなどを錦糸卵やショウガなどと共に、瀬戸内の小魚(トラハゼやエソなど)を用いて取ったダシと酢、砂糖などを混ぜ合わせて作る甘めの酢飯に混ぜ込んだり、上に散らしたりしたもの。松山鮓(松山寿司)、もぶり鮓(もぶり寿司)などとも。「もぶり」とは松山の言葉で「混ぜる」というような意味を持つ。

祝い事やお客をもてなす際などに作られる料理の一つで、かの夏目漱石が松山の正岡子規宅を訪れた際に、子規のお母さんからこの「もぶり飯」を振舞われ、いたく気に入ったというエピソードが残る。

Share