バラコ

バラコとは・・・

バラコ(散子・バラ子・Barako)は、

1. 鮭の卵(卵巣)の卵巣膜・筋を取り除き、一粒一粒バラバラの状態にしたもの。(いくら)、はらこ(腹子)、はららご(鮞)、真子。

スポンサードリンク

主に、醤油漬けや塩漬けなどにして、ご飯にかけたり丼(はらこ飯・ばらこ丼・散子丼・イクラ丼)にして食されるほか、「のっぺい汁(のっぺ汁)」や「はららご汁」「よのこ汁」「石狩汁」「石狩鍋」等の、汁物や煮物、鍋などに入れて食べる地域もある。

2. タラコや明太子(辛子明太子)の、皮がなく卵の粒がバラバラにほぐれているもの。漬け込みなどの製造工程において皮が切れたり破れたりしたもの(切れ子・きれこ)から皮を除いたもので、通常お得な品として割安で販売されている場合が多い。明太バラコ。タラコのバラコ。

スポンサーリンク

Share