シイラ

シイラとは・・・

シイラ(しいら・Shiira)は、
スズキ目シイラ科の魚。体長は大きいもので2メートル、重さ40キログラムにもなる大型の魚。主に刺身、、一夜干し・、汁物などで食される。シイラは各地で様々な呼び名で呼ばれており、地域名・地方名として、

シラ(秋田・富山)、マンビキ(長崎、鹿児島)、マビキ(福岡、宮城)、シビトクライ(千葉)、トウヤク(高知西部・神奈川・静岡)、トウヒャク・トヒャク(和歌山・高知)、マンサク(広島県、島根県等)、クマビキ(高知)、ヒス(高知)、ウマビキ(徳島県)、カナヤマ(長崎)、ネコヅラ・猫面(九州)、ヒユ()、マンビカー・フーヌイユ(沖縄)などがある。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share