菜の花

菜の花とは・・・

菜の花

菜の花(菜のはな・なの花・なのはな・ナノハナ・Nanohana)は、
アブラナ科アブラナ属の植物の総称。野菜としては、ハクサイ、、カブ、ブロッコリー、カラシナなど、アブラナ科アブラナ属の植物で主に花(花芽)を食用とするものを指す。地域により、菜花、花菜とも。さっと湯がいて「からし醤油」で和えた「菜の花のからし和え」は春の味覚として親しまれる。からし和えや胡麻和えなどの和え物のほか、おひたしや天ぷら、汁物などで食される。

スポンサードリンク

主な菜の花

三重なばな、のらぼう菜、かき菜、鮎河菜、花菜(伏見寒咲花菜)、博多菜、、小松菜、アスパラ菜など。


のらぼう菜

Memo

「菜の花」の「菜」は、「食用の菜」「摘み取って食用にする草」の意で、「菜の花」で「食用の花」の意。

Share