エビ餅

エビ餅とは・・・

1. エビ餅(えび餅・Ebimochi)は、
主に岩手県一関市花泉周辺や宮城県栗原市などで食べられている餅。郷土食。
ため池や、湖沼、小川、田んぼの用水路などに生息する沼エビを用いて作られる餅。

沼えびは、加熱すると鮮やかな赤色になることから珍重され、
その沼えびを用いて作られる「えび餅」は、お盆や結婚式、棟上げなど、
おめでたい席に欠かせない料理として作られ食べられてきた。

スポンサードリンク

えびは洗った後、さっと茹でてから殻つきのまま炒り、酒と塩や醤油で味をつける。
つきたての餅に絡めて出来上がり。大根おろしと共に食べることもある。

沼エビは唐揚げや天ぷらにするほか、大根おろしと和えたり、
おひたしに振りかけて食べたり、正月の雑煮の具材として用いたりする。

えび餅

えび餅

エビ餅を買える場所

道の駅 かわさき

エビ餅のほか、あざらやさんま寿司、もくずがにごはん、おふかし、じゅうねもち、じゅうねはっと、
あずきはっと、がんずきなど、周辺地域の郷土料理、郷土菓子などが豊富。地元野菜も充実している。

名  称:
道の駅 かわさき
所 在 地:
岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42-3
問い合わせ:
0191-36-5170
交通(公共交通機関):
JR大船渡線陸中門崎駅から車で5分。
交通(車):
東北自動車道一関ICから国道342号線~国道4号線~国道284号経由、気仙沼方面に25km、車で約30分。
駐 車 場:
あり
営業 時間:
9:00~18:00(12月~2月)9:00~19:00(3月~11月)
営業 期間:
通年
定 休 日:
年中無休
クレジットカード:
不可
関連サイト:
道の駅 かわさき(外部リンク)

2. 干した小エビや桜えびなどを混ぜ込んで作る餅。
米を蒸して、臼や餅つき機に入れ、小エビ、桜えび等も一緒に入れて、塩、砂糖などで調味して作る。
淡いピンク色〜海老色をしており、焼くと香ばしい海老の香りがたつ。
主に、大阪や奈良、三重、京都、徳島、島根、鳥取、長崎などで食べられている餅。

Share