かきまぜ

スポンサードリンク

かきまぜとは・・・

かきまぜ(Kakimaze)は、

1. 徳島県などで食べられているちらし寿司の一種。徳島県の郷土料理。五目チラシ、五目寿司(五目ずし)、ばらずしの一種。かきまぜ寿司。おすもじ・まぜくりとも。作る際に、食材をちらしたご飯をかきまぜて作ることから「かきまぜ」と呼ばれるようになったといわれる。、れんこん、かんぴょう、干しシイタケを戻したものなどを醤油、酒。砂糖などを加えて煮てから、別に塩ゆでした芋(さつまいもや里芋など)と混ぜこみ、茹でたさやいんげん、かまぼこ、錦糸卵をトッピングする。酢飯の味付けに柚子やスダチを使う事と、甘く味付けした金時豆が入るのが特徴。山の方では山菜やきのこ類、海側ではひじき、焼き鯖、県の南側ではそこ豆(底豆)と呼ばれる落花生を入れるなど、地域により食材や味付けにバリエーションがある。

スポンサードリンク

 

2. 香川県の郷土料理。小豆島で食べられている郷土料理。まぜご飯の一種。人参、ごぼう、鶏肉、油揚げ、こんにゃく、ちくわ、干しシイタケを戻したもの、さらにふきやタケノコなどの旬のものなどの食材を粗みじんに切り、炒めてから、醤油、酒、出汁などを入れて調味し、温かいご飯に混ぜ込んで作る。おまぜとも。

スポンサードリンク

Share