甘長ピーマン

甘長ピーマンとは・・・

甘長ピーマン(あまながピーマン・あまながぴーまん・Amanaga Piiman)は、
主に岐阜県JAにしみの管内の海津市などで作られている野菜の一つ。太さ1.5センチメートル、長さ15センチメートルほど。京野菜の一つで、江戸時代から伝統的に生産されている野菜「伏見甘長唐辛子(伏見甘長とうがらし)」の系統を組む野菜で、とうがらしでありながら辛くないのが特徴でその為「ぴーまん」と名付けられている。そのまま焼いて醤油や鰹節をかけて食するほか、伏見とうがらし同様、じゃこと炒め煮したり、甘味噌をかけたり、、炒めものなど、様々な調理法で食することができる。旬は、5月上旬から10月上旬にかけて。主に京阪神市場、中京市場などに出荷されている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share