蕎麦きり

切りとは・・・

切り(きり)は、そばの生地を状に切ったもの。
今日、一般的に蕎麦(そば)、日本蕎麦(日本そば)と呼ばれるもの。

古くから食べられて来た「そば」は、長い間、そばのをそのまま茹でたものや、
粉にひいてから捏ねてひとかたまりにして茹でて食べていた(そばがき)。

その「そばがき」が今のような麺状のスタイル「」となったその発祥や経緯は定かではないが、
江戸の初期には、信濃や江戸、大阪、などで作られていたともいわれ、
一説には15、6世紀には、の製法に倣って、それまでかたまりを茹でて食べていたもの(そばがき)を、麺状にするよなったと推察されている。

蕎麦きり

蕎麦きり

蕎麦きり

蕎麦きり

Share