紅はるか

紅はるかとは・・・

紅はるか(べにはるか・ベニハルカ・Beniharuka)は、
の品種の一つ。農林64号。外観の優れた「九州121号」を母に、いもの皮の色や食味に優れた「こがね」を父として交配させて作られた種。食味や外観に優れると共に収量もよく、児島、大分、千、茨城などで生産されている。蒸かし・焼き芋にした時に、が強くて美味しい為、「ベニハルカ」を用いる業者、なども増えている。「紅はるか」のブランドとして、茨城県で生産されている「紅天使」、大分県で生産されている「甘太くん」、宮崎県で生産されている「葵はるか」などがある。

Share