逸口香

逸口香とは・・・

逸口香

逸口香(いっこうこう・Ikkoukou)は、
小麦粉と水飴で作る生地で黒糖の餡を包んで焼いたもの。焼き菓子の一種。江戸時代後期頃には製造・販売されていたといわれる伝統的な菓子で、肥前銘菓、佐賀県の銘菓として知られる。佐賀の郷土菓子。

スポンサードリンク

焼く際に、中に包んだ黒糖の餡が溶けて外側の生地に付着、一方、生地は焼ける際に膨らんで中が空洞になる。特徴的なその見た目と製造法のために「からくりまんじゅう」という別名も。

長崎および愛知にほぼ同様の菓子があり、こちらは「一口香」と記される。

逸口香

逸口香
逸口香を割ると中が空洞になっており、皮の内側に黒糖の餡が付着しているのが分かる。肥前藩で度々出された倹約令の中の一つに「逸口香には上砂糖を用いない事」とあり、砂糖の代わりに黒糖が用いられたという。現在でも主に黒糖が使用される。店によっては生姜風味のものもある。

Share