かぶす汁

かぶす汁とは・・・

かぶす汁(かぶすじる・Kabusujiru)は、
カワハギやカマスなどの魚のぶつ切りを鍋に入れ、煮込んだもの。味噌汁にぶつ切りの魚を入れたもの。汁料理の一つ。富山県の氷見で食べられている郷土食。。元々、漁師がサイズが小さいものや数の少ないもの等、売り物にならない魚を船の上や番屋でぶつ切りにして煮込んで味噌で味をつけて食べていた漁師料理・漁師飯の一つで、「かぶす」は地元の漁師の言葉で「分け前」を意味する。用いられる魚としてはカワハギ、ハタハタ、キジハタ、シロギス、メジナ、ホウボウ、カナド、ユメカサゴ、マエソ、ミシマオコゼ、ヒイラギ、イシダイなど。

Share