蒸し鯛

蒸し鯛とは・・・

蒸し鯛(蒸鯛・むし鯛・蒸しだい・蒸しダイ・Mushidai)は、
1. 高知県の料理、皿鉢料理の一つ。鯛を背開きにし、おから、腐、ニンジン、ごぼう、干しシイタケ、葉、卵、すりなどを混ぜ合わせて、みりん、などで調味したものを鯛の中につめて、蒸しあげたもの。仕上げに蒸した卵の黄身を裏ごししてから鯛にまぶして飾る。婚礼の際や正月などに振る舞われるおめでたい料理、縁起物の料理であり、ご馳走。鯛のおから蒸し。単に「蒸し」ということも。また地域により「鯛のたま蒸し」とも呼ぶ。

よく似た料理で、「鯛の唐蒸し」と呼ばれる金沢の料理、加賀料理がある。こちらも婚礼の際に振る舞われる縁起物の料理。
→ 鯛の唐蒸し

2. 鯛を蒸し器などで蒸したもの。鯛を用いた蒸し料理の一つ。鯛の酒蒸し、鯛の姿蒸し、鯛の蒸しなど。

Share