んじゃな

んじゃなとは・・

んじゃな


んじゃな

んじゃな(ンジャナ・苦菜・ニガナ・ンギャナ・イムンギャナー・ンジャナバー・Njana / Nigana / Ngyana / imungyana)は、
岩場や砂地に自生するキク科の植物で、主に沖縄で古くから魚汁やイカスミ汁、山羊汁等の汁物や、炒めものなどに利用されてきた野菜。細長い形をしており、苦味が強いのが特徴。和名はホソバワダン。

ビタミンAやC、カルシウム、カロテン、カリウムなどを豊富に含み、青汁にして飲んだり、熱がある時に鮒と一緒に煮込んだりと、健康食や薬草としても用いられてきた。旬は春から夏。

ンジャナ

んじゃな

 

んじゃなの白和え

んじゃなの白和え(ンジャナバースーネー)

 

 

Share