安倍川もち

安倍川もちとは・・・

安倍川もち(安倍川餅・あべかわもち・Abekawamochi)は、
静岡県のお菓子。静岡の銘菓。県の中部を流れる安倍川周辺の名物。

江戸時代、東海道の美味いもの名物番付においても上位に座していたという餅菓子で、その歴史は江戸の初期にさかのぼる。

スポンサードリンク

その頃、安倍川の上流では金が産出していて、徳川家康はそれを幕府の御用金山に指定、大量の人足坑夫を用いて金を掘り出していた。

ある日、安倍川上流まで検分にやって来た家康が茶店で休憩した折、茶店の主が、搗き立ての餅にきな粉を砂糖と共にまぶして献上したところ、家康がこれをいたく気に入り、主を呼び出して餅の製法を尋ねた。

とっさに気転を利かせた店の主は、

「安倍川の砂金を餅にまぶしまして御座います。名を金粉餅(きなこ餅)と申します。」

と答えたという。

家康は餅の味と、主の気転に感心し、褒美を取らせ、この餅を「安倍川餅」と名づけ褒め称えたという。

当初は「」餅のみであった安倍川餅も、江戸中期には「あんこ」餅もお目見え、現在では抹茶をまぶしたものもある。

安倍川もち

安倍川もち

スポンサーリンク

Share