ブドウ

ブドウとは・・・

ブドウ

ブドウ(葡萄・ぶどう・Budo / Grape)は、
ブドウ目ブドウ科に分類されるつる性落葉低木の果実。果物としては、温州ミカン、リンゴ、梨、柿に次ぐ第5位の生産量を誇る。主な生産地は山梨、長野、山形、岡山など。特に山梨では鎌倉時代初期には栽培が始まったとも伝えられており、江戸時代には名産の一つとして知られていた。巨峰などに代表される「黒ぶどう」、シャインマスカットなどに代表される「白ぶどう」、などがあり、巨峰やシャインマスカット、マスカット・オブ・アレキサンドリアなど、高級果物(高級フルーツ)として知られるものもある。

生食用の果物として栽培されるものと、ぶどう酒(ワイン)用に栽培されるものがあり、そのほかジュースやゼリー、干しぶどう、ジャム、缶詰、酢(ブドウ酢)、菓子などにも加工される。そのうち果物として出荷されるものは全体の約9割を占める。

ぶどうの品種

世界に10,000種あるといわれるブドウは、日本では100種ほどが栽培されているといわれる。ブドウの主な品種としては、

黒ぶどう:

巨峰、藤稔(ふじみのり)、ピオーネ、ナガノパープル、甲斐のくろまる、ブラックビート、オーロラブラック、高尾、紫玉(しぎょく)、オリエンタルスター、ウインク、キャンベル・アーリー、スチューベン、大峰(たいほう)、高墨、ブラックオリンピア、マスカット・ベリーA、伊豆錦、黒のタンゴなど。

白ぶどう(緑):

マスカットオブアレキサンドリア、シャインマスカット、ゴールドフィンガー、多摩ゆたか、天晴、雄宝、天山、白峰、翠峰、黄華、黄玉、甲斐美嶺、瀬戸ジャイアンツ、ナイアガラ、ハニービーナス、ウィンディーサマーなど。

赤ぶどう:

(日本で一番古いブドウといわれる)、デラウェア、ルビーロマン、甲斐路、安芸クイーン、オリンピア、キングデラ、クイーンニーナ、グローコールマン、ゴルビー、サニードルチェ、サニールージュ、シナノスマイル、紅アレキ、紫苑、ベニバラード、紅伊豆、紅やまびこ、ベニバラオー、リザマート、竜宝、ルビーオクヤマなど。

葡萄

葡萄

葡萄

Share