干しダコ

干しダコとは・・・

干しダコ(干し蛸・ほしダコ・干ダコ・干蛸・ほしだこ・Hoshidako)は、
マダコなどのタコを姿そのまま、または脚などの部位に分けてから天日などで干したもの。干しタコとも。かつては冬の保存食としてタコのよく捕れる瀬戸内地方などで盛んに作られた。現在は、「」としてより、「酒の肴」「晩酌のつまみ」として知られ、瀬戸内海に面するタコの名産地兵庫県の明石や淡路島、九州の天草地方、北海道、青森の沿岸部などで生産されている。

Share