ぼうしパン

ぼうしパンとは・・・

ぼうしパン

ぼうしパン(帽子パン・ボウシパン・Boushi pan)は、
高知県の。円形で真ん中が盛り上がった「帽子の形」をしているパン。の一つ。高知生まれの名物パン。高知の

昭和30年代に高知のパン製造メーカー「永野旭堂本店」が、メロンパンを参考にカステラの生地を丸いパン生地に合わせて焼いたものを考案(※)、当初は「カステラパン」の名で販売されていたが、つばが広がり帽子に見えるその形からいつの頃からか「ぼうしパン」の愛称で呼ばれるよなり定着、その味わいや形の親しみやすさから次第に人気を得て、いつしか「高知県民のソウルフード」「高知の県民食」の一つともいわれるまでに市民権を得た。

ぼうしパン

※メロンパン製造中、発酵の際に間違ってクッキー生地を乗せ忘れ、焼く時にクッキー生地を乗せて焼いてみたところ、ぼうしのようなパンが出来上がった、という失敗をきっかけに生まれたともいわれる。

Share