いわなの骨酒

いわなの骨酒とは・・・

いわなの骨酒(岩魚の骨酒・いわなのこつざけ・イワナの骨酒・岩魚のこつ酒・Iwana no Kotsuzake)は、
焼いた岩魚(いわな)を器に入れて熱燗を注いで作る酒。イワナ酒。岩魚骨酒。

干した岩魚(または生の岩魚に塩をしてしばらく置いたもの)を焼いて熱燗を注ぐことにより、酒に岩魚の風味が移って香り高い燗酒となる。
一尾丸ごとではなく、骨や鰭だけを用いる場合もある。

釣り人や酒飲みに愛される飲み方で、焼いた岩魚を入れやすいように、岩魚をかたどった横長の酒器(徳利)も市販されている。

スポンサーリンク

Share