ごろ焼き

ごろ焼きとは・・・

ごろ焼き

ごろ焼き(ゴロ焼き・ごろやき・Goroyaki)は、
イカの内臓を取り出し、足(ゲソ)と共に胴体の中に詰めこんで楊枝などでとめてアルミホイルなどで包んで焼いたもの。カットして内臓と共にアルミホイルで包んで、または耐熱皿の上にのせて焼く場合もある。「ゴロ」はいかの内臓()のこと。イカのゴロ焼き。北海道や青森などのイカの多くとれる地域で食べられている家庭料理・。イカゴロ焼き、イカの肝焼き、イカのわた焼、イカワタ焼き、イカのワタ煮、イカワタのホイル焼きなどとも。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share