カツオのたたき

カツオのたたきとは・・・

かつおのタタキ

カツオのたたき(鰹のタタキ・鰹のたたき・かつおのタタキ・かつおのたたき・katsuo no tataki)は、
鰹を用いた魚料理の一つ。)のサクに塩をしてから、カツオの表面(皮)を、藁に火をつけて炙った後、一口大に切ったもの。高知を代表する料理の一つ。高知の郷土料理。炙ったのち、塩や薬味などを身につけて叩くように味を馴染ませることから「たたき」と呼ばれるようになったといわれる。土佐造りとも。(火で炙った後、氷水に浸して急冷するものを「たたき」、急冷しないものを「土佐造り」と呼びわける場合もある。)

スポンサードリンク

かつおのタタキ

地域や店によって食べ方にはバリエーションがあり、彩りにりゅうきゅうやきゅうりなどを添え、薬味としてネギやニンニク、生姜、、もみじおろし、わさび、シソ、刻みたまねぎ、青唐辛子などが用いられ、ポン酢や醤油、二杯酢、三杯酢、土佐酢(二杯酢に鰹節の出汁を加えたもの)、ゆの酢(柚子酢)、塩などで食べる。特に塩だけで食べるものを「塩たたき」とも呼ぶ。

かつおのタタキ

スポンサーリンク

Share