川越太麺焼きそば

川越太麺焼きそばとは・・・

川越太麺焼きそば

川越太麺焼きそば(川越太麺やきそば・川越太麺ヤキソバ・川越ふとめん焼きそば・川越太麺焼そば・かわごえ太麺焼きそば・かわごえ太麺ヤキソバ・かわごえふとめんやきそば・Kawagoe Futomen Yakisoba)は、
埼玉県川越市で提供されているご当地麺料理、ご当地焼きそばの一つ。店にもよるが、太さが通常の焼きそばの倍以上もある極太の麺を用いているのが最大の特徴で、「太麺焼きそば」の名の由来にもなっている。川越市内の駄菓子屋や焼きそば店、中華料理店、および三芳野神社や蓮馨寺といった神社仏閣の境内や門前で売られてきた「」で、昭和の時代から子供たちのおやつや、大人の軽食として親しまれてきた。多少の差はあるが、具はキャベツのみ、または少量の肉とトッピングに紅生姜、青海苔というシンプルなものが多く、値段もリーズナブルで手軽にもちもちとした麺の食感とソースの味わいを楽しむことができる焼きそばとなっている。

Share