武蔵野うどん

武蔵野うどんとは・・・

武蔵野うどん

武蔵野うどん(むさしの饂飩・むさしのうどん・Musashino udon)は、
武蔵野エリア(東京の多摩地域 = 武蔵村山市、小平市、西東京市、東村山市、東久留米市、清瀬市、東大和市など)および埼玉県の川越市、加須市、北本市、熊谷市、比企郡、さいたま市大宮区など)で古くから伝統的に作られ、食べられている麺料理。郷土うどんの一つ。。埼玉のご当地グルメ。東京のご当地麺料理。埼玉のご当地麺料理。東京の郷土料理。埼玉の郷土料理。

全般的に色が黒くて、麦の香りが強く風味が豊かで、太くてコシがとても強いのが特徴。

武蔵野エリアは、古くから小麦の生産が盛んで、うどん食も広く行われてきたが、かつては小麦は貴重な「換金作物」であった為、「」は日常的に食べることは出来ず、冠婚葬祭などの特別な時に食べられる馳走であったという。うどんの色が黒っぽいのも、少しでも多く粉()がとれるようにするために外側の皮の部分も一緒にひいたのが理由で、蕎麦と同じように黒っぽい色となる。また、うどんを作る際に一般的なうどんに比べて、足踏みと寝かせの作業を倍ほども行うことにより、他のうどんと比較してもかなりしっかりとした強いコシと食感が生まれるという。

地域や家庭、店や作り手などにより多少のバリエーションがあるが、カツオ節などで出汁を取ったつけ汁につけて食べるのが一般的。肉(豚肉)や野菜などが入ったものもあり、肉汁うどん(糧うどん)とも呼ばれる。

肉汁うどん
肉汁うどん(糧うどん)
Share