野沢菜漬

野沢菜漬とは・・・

野沢菜漬(のざわなづけ・Nozawanazuke)は、
主に長野県下高井郡野沢温泉村と周辺一帯で作られ、食べられている漬物。
長野のお漬物。信州を代表するお漬物。野沢菜。

アブラナ科アブラナ属の二年生植物「ノザワナ(野沢菜)・信州菜」を漬けたもので、
「野沢菜漬」が本来の漬物としての名前だが、単に「野沢菜」と呼ばれることも多い。旬は冬。

スポンサードリンク

しゃきしゃきっとした歯ごたえでありながら、乳酸発酵の柔らかであっさりとした味わいが特徴で、
家庭の食卓から、旅館や民宿の食事、居酒屋の酒のつまみ、スキーゲレンデの食堂に至るまでそこかしこで提供され、
冬場の信州の食卓や酒席には欠かすことの出来ない漬物の一つ。

野沢菜

野沢菜

ノザワナと野沢菜漬

原料の「ノザワナ」は、菜の花の仲間。
ほとんどが漬物になるが、栽培の際に間引かれたものは地元ではお浸しなどにして食べられている。
特に一番間引きの初物をさっと湯がいたものの美味しさは、「鯛の刺身よりも美味しい」といわれる。

夏の終わり頃に種をまき、背丈が1メートルほどになる頃に野沢菜は収穫される。
野沢温泉周辺では11月初旬から中旬にかけて収穫され、野沢温泉の共同浴場で洗われた後(お菜洗い)、塩漬けにされる。
12月の中旬頃には、「本漬け」と呼ばれる熟成された美しいべっこう色をした野沢菜漬けを味わえる。
(スーパーなどでは数日漬けた浅漬け(当座漬け)が売られていることも多い。)

野沢菜漬と野沢温泉

野沢温泉にある旅館や民宿、スキー宿では、ほぼどこでも野沢菜漬が、ご飯やお茶のお伴に供される。
お汁粉等甘いものとの相性も抜群で、口直し、お茶うけとして出されることも多い。

野沢菜漬の食べ方

野沢菜の食べ方は、そのままはもちろん、
ラーメンのトッピング、具材としてチャーハンに入れても美味しい。

食べ頃が過ぎて酸味が出たものは、炒めものに。
また煮干しや昆布、酒粕、醤油などを入れて煮る「酒粕煮」という食べ方も地元ではされる。
おやきの具としても定番。

野沢菜のおやき

野沢菜のおやき

スポンサーリンク

Share