レンコンのきんぴら

レンコンのきんぴらとは・・・

レンコンのきんぴら(蓮根のきんぴら・れんこんのきんぴら・Renkon no kinpira)は、

蓮根を薄切りにし、適宜、水、または酢水などに浸してアクを除いてから、ごま油、鷹の爪などで炒めたもの。醤油、酒、みりんなどで調味する。

スポンサードリンク

きんぴらの由来

古浄瑠璃の一つで、江戸時代には歌舞伎や絵双紙などでも人気のあった「金平浄瑠璃」の主人公・坂田金平(金太郎で知られる坂田金時の息子)にあやかり、炒めたごぼうの歯ごたえや、唐辛子のピリッと辛い味わい、食べると精がつく「ごぼうの炒め物」を「きんぴらごぼう」「きんぴら」と呼ぶようになったといわれ、いつしか薄切りの蓮根を炒めたものも「きんぴら」と呼ぶようになったという。ごぼうや蓮根のほか、大根や人参を炒めたものも「きんぴら」の名で呼ばれることがある、

スポンサーリンク

Share