塩炒り

塩炒りとは・・・

塩炒り(塩煎り・潮煎り・潮炒り・汐炒り・汐煎り・塩いり・しお煎り・しお炒り・しおいり・Shioiri)は、
1. 塩を用いて食材を炒ったもの。またはその調理法。様々な食材に用いられるが、特に銀杏やむかご、イワシなどに用いられることが多く、それぞれ「塩炒り銀杏(銀杏の塩炒り)」「塩炒りむかご(むかごの塩炒り)」「塩炒りイワシ(イワシの塩炒り)」などと呼ばれる。そのほか、エビやいんげん、枝豆なども塩炒りにむく。

2. 新鮮な魚の内臓と鱗を取ってから、塩水(水に塩を加えたもの。日本酒を加えることもある。)で茹でた料理。茹であがってから、(適宜多めの水分を捨て)乾炒り(乾煎り)して仕上げる。福井や石川の一部地域の郷土料理、家庭料理の一つ。用いられる魚としては、メギス(ニギス)、キジハタ(アカラ)、、イワシ、笹がれいなどがある。

Share