戦国ハーぶ~丼

戦国ハーぶ~丼とは・・・

戦国ハーぶ~(せんごくハーぶ~・せんごくはーぶーどん・sengoku Habudon)は、
埼玉県寄居町のご当地グルメ、B級グルメ。ご当地丼。寄居町商工会青年部が開発した豚丼。

寄居町の特産品であるハーブの一種「エキナセア」の粉末を焼肉のタレとブレンドして特製ダレにし、豚肉にからめてご飯にのせたもの。

スポンサードリンク

B級グルメ戦国時代を戦い、生き残る意味を込めて、「戦国」、ハーブの「ハー」と豚の「ぶ~」を組み合わせて名付けられた。見た目や味付けは提供店によってバリエーションがある。

スポンサーリンク

Share