鉄板スパゲッティ

鉄板スパゲッティとは・・・

鉄板スパゲッティ(てっぱんスパゲッティ・鉄板スパゲティ・てっぱんすぱげってぃ・てっぱんすぱげてぃ・Teppan spaghetti)は、
愛知のご当地グルメ、、ご当地麺料理の一つ。名古屋めしの一つ。熱した鉄板にスパゲティを盛り付けたもの。トマト味のスパゲッティ(スパゲッティ・)を熱した鉄板(鉄皿)に溶き卵と共に盛り付けたもの。鉄板ナポリタン、、鉄板イタリアンなどとも。1961年に名古屋市内の喫茶店「喫茶ユキ」のオーナーが、イタリアに行った際に食べたパスタを参考に、冷めずに最後まで温かいまま食べられるように熱した鉄皿に入れたのがその発祥といわれる。

ピーマンや玉ねぎ、ウィンナー、ベーコン、マッシュルームなどを炒めて、トマトケチャップやトマトソースを加え、茹でたスパゲティを入れて炒め合わせてから、熱した一人前用の大きさの鉄板に入れ、溶き卵を周囲に流し入れて完成。

トマト味のほか、インディアンスパゲッティとも呼ばれるカレー味のもの、あんかけスパを鉄板に盛り付けたものなどもある。

Share