いかめし

いかめしとは・・・

いかめし いかめし

いかめし(イカ飯・烏賊めし・烏賊飯・いか飯・イカめし・Ikameshi)は、
ゲソ(足)を外したイカの胴体に、米とゲソを刻んだものなどを詰めて楊枝で止め、醤油や酒などと共に炊き込んで作る惣菜、北海道の渡島地方の名物。北海道の郷土料理、

米の不足していた戦時中に「少しでも米を節約することができて、尚且つ美味しく食べられるもの」を、という事で当時大豊漁だった「スルメイカを使って作る料理」として考案された、という逸話を持つ。

イカの胴内でふっくらと炊き上がったご飯に、イカの旨みと調味料の味が浸み込んで、味わい深い。

Share