山ごぼう

山ごぼうとは・・・

山ごぼう(山牛蒡・山ゴボウ・ヤマゴボウ・やまごぼう・Yamagobou)は、
1. キク科の多年草「モリアザミ」の根。漬物などに利用される。

Memo

「ヤマゴボウの漬物」として市販されているものの中には、ゴボウの小さなものを漬物に加工しているものもある。

スポンサードリンク

2. キク科ヤマボクチ属の植物・オヤマボクチ(雄山火口)のこと。
葉が牛蒡(ごぼう)に似ている所から、地域によっては「ヤマゴボウ」と呼ばれる。「ゴボウッパ」「ゴンパ」「ヤマゴンボ」とも。
葉を蕎麦のつなぎとして用いたり、蓬(よもぎ)のように餅に混ぜ込んで草餅として食べる地域もある。

Memo

ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属のヤマゴボウや、洋種ヤマゴボウには、嘔吐や下痢、痙攣の原因となる有毒成分が含まれる。

Share