ピンピン貝

ピンピン貝とは・・・

ピンピン貝(ぴんぴん貝・ピンピンガイ・ぴんぴんがい・Pinpingai)は、
ソデボラ科の巻貝の一種「マガキ貝(マガキガイ)」の、主に和歌山県や三重県などでの呼び名。
紀伊半島沿岸部でも地域により、ビンビン貝(勝浦)、ツメバイ貝(ツメバイ)(白浜)とも呼ぶ。

沿岸部の家庭や、飲み屋、居酒屋、旅館、郷土料理店、食堂などで、
酒のおつまみやおかずとして出される。

スポンサードリンク

塩茹でにするほか、出汁と醤油、みりん、酒で調味して煮ることが多い。
そのほか、バター焼き、味噌炒め、天ぷら、炊き込み御飯にすることもある。

三日月形をした蓋の先端部にギザギザのノコギリ型の爪があり、
捕獲した時にそれをピンピンと振り回すようにする様子から、
ピンピン貝とよばれるようになったともいう。

地域により、チャンバラ貝(高知)、キリアイ(高知)、カマボラ(三重)、トネリ(静岡)、
はしりんど(走りんど)(愛媛)、トビンニャ、テラダ(奄美)、ティラジャー(沖縄)、コマガイ(沖縄)などと呼ばれる。

ピンピン貝

ピンピン貝

スポンサーリンク

Share