ヨメナカセ

ヨメナカセとは・・・

ヨメナカセ

ヨメナカセ(よめなかせ・Yomenakase)は、
牛の心臓近くの大動脈(血管)のこと。炭火で焼いて塩、胡椒で味付けして食べる。モツ料理の一つ。「ヨメナカセ」は、主に岡山県津山市などを中心に用いられている呼び名で、その名の由来としては「下処理が大変でお嫁さん泣かせだから」「精がつくから」など様々な説がある。岡山のご当地グルメ。岡山の郷土料理、。津山市では居酒屋や焼き肉屋などで提供されているほか、スーパーや精肉店などでも下処理済みのものが市販されており、一般家庭でも食べられている。調理法としては、炭火焼きのほか、天ぷらや唐揚げ、バター炒め、湯引きなどでも食される。

(画像提供:岡山県観光連盟)

Share