三色丼

三色丼とは・・・

三色丼(さんしょくどん・Sansyokudon)は、

1.丼に盛ったご飯の上に、鶏や豚などのひき肉を炒ったもの(そぼろ)、炒り卵、ほうれん草やいんげん、枝豆などの野菜や豆を茹でたり炒めたりしたものを乗せた丼。

スポンサードリンク

見た目の色合いが、そぼろの茶色、炒り卵の黄色、野菜の緑色の合わせて三色なので、「三色丼」の名がある。丼の代わりに弁当箱に詰めた場合には、「三色弁当」となる。そぼろの代わりに鶏のもも肉などを焼いたものを乗せた丼、野菜の代わりにでんぶ(桜でんぶ)をのせたものなど、家庭や店、地域によってバリエーションがある。また、そぼろ、炒り卵、野菜、鮭を乗せた四色丼もある。

2.丼に盛ったご飯の上に、、いくら、蟹など、三種類の海鮮を乗せた丼。海鮮三色丼(かいせんさんしょくどん・かいせんさんしょくどんぶり)。具となる魚介は家庭や店、メニューにより様々で、、いくら、蟹のほか、まぐろ、ホタテ、、サーモン、甘えび、ボタンエビ、蟹味噌、ぶり、はまち、かんぱち、たこ、鯛、ひらめ、しらすなどが用いられる。

また、まぐろのトロ、赤身、ねぎとろの乗ったマグロ三色丼もあり、マグロ好きに人気のメニューとなっている。

Share