天妃前(てんぴぬめー)まんじゅう

天妃前まんじゅうとは・・・

天妃前まんじゅう(天妃前饅頭・てんぴぬめーまんじゅう・テンピのメーまんじゅう・tenpinume-manju)は、

沖縄のまんじゅう。沖縄の菓子。沖縄銘菓。沖縄では「ゆーぬく」と呼ばれるはったい粉(香煎)と黒糖で作る餡を、小麦粉で作る薄い皮で包み、月頭の葉と共に蒸しあげたもので、「山城まんじゅう(やまぐすくまんじゅう)」、「のーまんじゅう」と共に、沖縄の三大まんじゅうの一つにも数えられる。

スポンサードリンク

その名は、久米村(現・那覇市久米)の天妃宮(てんぴぐう)前で、戦前に売られていたことに由来する。

Share