トルコライス

トルコライスとは・・・

トルコライス

トルコライス(画像提供:九州観光推進機構 )

トルコライス(とるこらいす・Toruko rice)は、
ご飯もののピラフ、麺のスパゲティ、・おかずのトンカツを一つの皿に盛った料理。店によって違いはあるが、主にとんかつ(ポークカツ)、(ナポリタン)、バターライス(ピラフ・ドライカレー・炒飯等)、、サラダをワンプレートに盛り込んだもの。長崎のご当地料理、B級グルメとして知られる。長崎県内の200軒以上の店舗で提供されており、カレーがかかったもののほか、ドライカレーとデミグラスソースであったり、ナポリタンの代わりにカルボラーナなど、店により様々なバリエーションがあるほか、「ハンバーグトルコ」「焼肉トルコ」等、同じ店でいくつかのバリエーションメニューを提供している所もある。

「トルコライス」という呼び名は、ピラフがインド、スパゲティがイタリア、トンカツが日本で、その中間地点ということでトルコの名を冠した、という説やピラフ、スパゲティ、トンカツの3種を、トリコロール(3色)に重ね合わせ、トリコロールから転訛してトルコライスの名がついた、という説、元外国航路のシェフが戦後に、お腹を空かせた外国将校のためにトルコ料理のピラフと、おかずとしてスパゲティとカツを組み合わせて一つの皿に盛りこんだのが発祥という説、戦後に長崎にあった「レストラン・トルコ」で焼き飯とスパゲティとトンカツをワンプレートで提供したのが始まりという説など、諸説ある。

長崎のトルコライスのほか、大阪風や神戸風のトルコライスがある。また、「トルコライスバーガー」や「長崎和牛トルコライス」など、トルコライスから派生したバリエーションメニューもある。

Share