ハラス丼

ハラス丼とは・・・

ハラス丼(はらす丼・腹す丼・ハラスどん・はらすどん・Harasudon)は、
ハラス(魚の腹の部分の身)を用いて作られる丼料理。丼に盛ったご飯の上に、生のハラス、またはハラスを焼いたり、炙ったりしたものをのせた料理。鮭のハラスで作る「鮭のハラス丼・鮭ハラス丼」が知られるほか、マグロやかつおなどのハラスを用いたものもある。

シンプルに生のハラスを切って盛りつけた「ハラス丼」やイクラと鮭のハラスを共に盛り付けた「いくらと鮭のハラス丼」、ハラスを焼いたり炙ったりしてから盛り付けたもの、甘酢あんかけ風にしたものなど、作り手や店により様々なバリエーションがある。薬味やトッピングとしては、(もみ海苔、または刻み海苔)、ネギ(小口切りにしたもの)、分葱、あさつき、(大葉)、わさび、大根おろしなどが用いられる。

Share